太田 捺選手

近代五種

2020年度採択者

楽しむことが成長の秘訣

インタビュー

近代五種をはじめたきっかけ

ー この競技をはじめたきっかけを教えてください。

この競技を始めたのは小学4年生のころに、菅原コーチに声をかけてもらったことがきっかけです。

ー 近代五種の魅力を教えてください。

近代五種は“フェンシング・水泳・馬術・レーザーラン(射撃&800m走)”の5種目を1日で行い、その総合得点で順位を競う複合競技で‟キング・オブ・スポーツ”と呼ばれています。
各選手の得意種目により順位が大きく変動するため、最後まで誰が勝つのかわからないところが見どころです。

大切にしていること

ー 5種目の練習において意識していることはありますか?

5種目全てにおいてバランス良く得点を重ねていかなければ、上位に入賞することはできません。限られた時間の中でそれぞれの種目にしっかり専念できるよう、細かく時間配分をして毎日のスケジュールを組み、効率的に行動することを意識しています。練習に集中できる週末は早朝5時半から開始し、夕方まで分刻みで練習しています。

ー ポジティブに目標や未来に向かって進むために大切にしていることがあれば教えてください。

近代五種は最後の最後まで勝敗がわかりません。心身ともに限界まで追い込まれる、万能性が問われる競技です。“最後まで諦めない!”という強い気持ちを貫き通すことを大切にしています。

ー 現在の課題は何でしょうか?

馬術とフェンシングが課題です。現在ナショナルチーム入りを果たしましたが、国際大会で上位に入賞するためにはこの馬術とフェンシングの底上げが必要不可欠です。
馬術において、大会当日に乗る馬はくじ引きで決定します。2020年の近代五種全日本選手権では落馬してしまい、とても悔しい思いをしました。とにかくたくさんの馬に騎乗して経験を積み、スキルを高めていきたいです。
フェンシングは専門コーチによる指導やフェンシング単独の大会への出場などを検討しています。得意種目である水泳とレーザーラン(射撃&800m走)は引き続き伸ばし、5種目全てでナンバーワンになれるよう「真のチャンピオン」を目指しています。

ターニングポイント

ー 競技生活の中で、ターニングポイントになったきっかけがあれば、教えてください。

始めた頃は名前すら知らなかった競技ですが、菅原コーチに「絶対にオリンピックに出る」と言われたことが、私のターニングポイントになっています。
それまでテレビでしか見たことがなかったオリンピックに出場することを夢に、毎日練習に励んできました。2020年にナショナルチームに選出され、その夢が今、現実になりつつあります。世界のトップ選手と戦うにつれ、負けたくないという気持ちがより一層強くなりました。

未来につながる力に

ー 今後の目標を教えてください。

これまで2歳年上の姉とともにお互いを高め合いながらトレーニングに励んできました。姉妹でありながら、オリンピック出場をかけて戦う良きライバルでもあります。
今後の目標は姉妹でオリンピックに出場することです!

コーチからのメッセージ

高い目的意識をもって、練習に意欲的に取り組めていたので、史上最年少でのナショナルチーム入りを果たせたのだと思います。競技は選手一人では決してできないことですので、まわりのサポートしてくれている方々に感謝の気持ちを忘れずに人間力を高めていってほしいです。

菅原 美香(すがわら みか)コーチ
所属:根室スイミングクラブ 主任コーチ

その他の
採択者インタビュー

  • JavaScriptが無効になっています。その他のページをご覧になるためには、有効設定をお願いします。
助成申請をされる方

助成サポートシステムへ

申請方法のマニュアル

採択者さま専用マイページ

ログイン画面へ

お問い合わせ
  • 公益財団法人ノエビアグリーン財団 事務局
  • TEL : 03-5568-0305
  • 9:00 〜 17:30 (土日祝日・年末年始除く)

メールでのお問い合わせはこちら