小田 凱人選手

車いすテニス(パラスポーツ)

2020年度採択者

楽しむことが成長の秘訣

インタビュー

車いすテニスをはじめたきっかけ

ー 車いすテニスをはじめたきっかけを教えてください。

車いすテニスとの出会いは9歳半のときの病気がきっかけです。入院中に主治医からいろいろなパラスポーツを紹介してもらいました。動画サイトでパラスポーツを調べる中で、車いすテニスを見て“ビビッと”くるものがあり、始めました。

ー 車いすテニスの魅力を教えてください。

車いすテニスは、競技用の特殊な車いすに乗ってプレーをします。選手の体格や障がいなどに合わせてカスタマイズされたオリジナルの競技用車いすにとても魅力を感じます。
素早いチェア操作で自由自在に車いすを操り、強力なショットを打ち込む。ショットやチェア操作の迫力のある音やラリーのスピード感、取れないと思ったボールが取れたときの驚きなどたくさんの見どころがあります。

大切にしていること

ー ポジティブに目標や未来に向かって進むために大切にしていることがあれば教えてください。

障がいは、他の人からするとハンディキャップに感じてマイナスにとらえられがちです。
でも「”障がい=ハンディキャップ”のまま人生を終わらせたくない」という強い想いがあります。この障がいを自分の武器にして、他人と違う自分に自信を持って競技活動に取り組んでいます。

ー 現在の課題は何でしょうか?

チャンスボールを確実にものにする決定力、試合でベストパフォーマンスを発揮するためのメンタルの準備など自分にはまだまだ成長の余地があると思います。課題を克服し、強化することで、長期にわたる海外での連戦においても常に100%の力を出せるようにしたいと思っています。

ターニングポイント

ー 競技生活の中で、ターニングポイントになったきっかけがあれば、教えてください。

2021年4月に開催されたトルコでの複数のITF(国際テニス連盟)大会で22戦無敗という成績をおさめ、ITFジュニアランキングにおいて史上最年少、日本人男子初の世界1位を獲得することができました。世界の強豪選手にも勝つことができ、自分の自信につながりました。今後の大会にも良い影響がでるのかなと感じています。

未来につながる力に

ー ご両親や普段サポートをしてくれる皆さんにメッセージをお願いします。

家族や友人をはじめ、日頃からサポートをしてくださっている関係者の皆さまからの応援があるからこそ、日々競技に打ち込み、楽しくプレーできていると感じています。自分ができる最大限の恩返しは“勝つこと”です。感謝の気持ちだけではなく、結果を出すことで恩返ししたいと思っています。

ー 今後の目標を教えてください。

さらにグレードの高い大会で結果を残し、グランドスラムやパラリンピックなどの大舞台で活躍することを目指しています。また選手としてだけではなく、一人の人間として成長して、同じ病気で苦しんでいる子供たちに夢や勇気を与え、誰かの憧れの選手になれるよう努力していきます。

コーチからのメッセージ

小田選手を教え始めたときから、技術的なことはもちろん、それに加えて“ファンを作りなさい”とアドバイスしています。日頃から自分を支えてくれる皆さんに感謝をして、いつでもプロフェッショナルな態度で競技に取り組んでほしい。多くの方から愛される名実ともに兼ね備えたプレイヤーになってもらいたいと思っています。

熊田 浩也(くまだ ひろや)コーチ
所属:岐阜インターナショナルテニスクラブ ヘッドコーチ

コーチからのメッセージ

小田選手は、探究心・好奇心が人一倍強く、豊かなイマジネーションと、それを体現する非常に高いコーディネーション能力を持ち合わせています。いわゆる天才肌の選手ですが、目標達成のためにはコート内外での努力を惜しまず、ひたむきに取り組む情熱と粘り強さが魅力です。また、明るく朗らかな性格の彼の周りには、いつも人の輪ができます。私は、小田選手が世界を舞台に観る人たちすべてを魅了する選手になれると確信しています。

貝吹 健(かいふく たけし)コーチ
所属:トップアスリートグループ 車いすテニス強化本部長

その他の
採択者インタビュー

  • JavaScriptが無効になっています。その他のページをご覧になるためには、有効設定をお願いします。
助成申請をされる方

助成サポートシステムへ

申請方法のマニュアル

採択者さま専用マイページ

ログイン画面へ

お問い合わせ
  • 公益財団法人ノエビアグリーン財団 事務局
  • TEL : 03-5568-0305
  • 9:00 〜 17:30 (土日祝日・年末年始除く)

メールでのお問い合わせはこちら