自然を遊ぼう!親と子の環境教室実施レポート

自然環境保護に取り組むノエビアグリーン財団は、未来の自然を担う子供たちを対象に環境教室を実施しています。 今回は、美しい自然を守り、育てる活動を全国で行っている「公益財団法人 日本自然保護協会」の皆さまと共同で、群馬県利根郡みなかみ町北部、新潟県との県境に広がる「赤谷の森」にて行いました。講師としてみなかみネイチャーガイド代表の長浜陽介さんにご協力いただき、豊かな自然の中をトレッキングしながらめずらしい昆虫や植物、湧き水の様子を観察したり、「赤谷の森」の木を使ったオリジナルのカスタネットをつくるなど、親子で「赤谷の森」の自然や町の文化、歴史について学ぶ充実した1日となりました。
自然観察の様子森に住む野生の動物
開催日・開催地・参加者・スケジュール 赤谷の森 たくみの里食堂 まんてん星の湯

当日の様子

「赤谷の森」トレッキング

広大な自然の「赤谷の森」をトレッキングしながら、めずらしい植物や森に住む動物のすみかを観察しました。今年はドングリが豊作で、夢中でドングリを集める子供たちの姿が印象的でした。途中で湧き水を飲み、「赤谷の森」が東京の水源の森であることを学びました。

ガイド長浜さんガイド長浜さん
講師として「みなかみの自然博士」 長浜陽介さんにご協力いただきました!
トレッキング中に「赤谷の森」の歴史や植物、昆虫についての貴重なお話をしていただきました。
植物を観察してみよう
目指せ三国峠!
植物観察の様子

湧き水に触れてみよう

湧き水を飲んでみる子供たち

お昼休憩

三国峠に到着後は待ちに待ったお昼休憩。地元の旬な食材を使った「たくみの里食堂 特製お弁当」をご用意しました。また、「赤谷の森」の湧き水を沸かして温かいココアをふるまい、子供たちは大喜び。

三国峠からの景色おいしい特製お弁当とココア

「赤谷の森」についての紙芝居

日帰り温泉施設「まんてん星の湯」に到着後、温泉に入る前に「赤谷の森」の自然について、紙芝居で学びました。 日本自然保護協会の三浦乃莉子さんが森の歴史や森を守るためのさまざまな取り組みをわかりやすく教えてくださいました。

「赤谷の森」の紙芝居の様子

カスタネットづくり

温泉に入って午前中のトレッキングの疲れを癒した後、「赤谷の森」で育った木を用いてオリジナルのカスタネットをつくりました。今日の体験を思い出しながら、イヌワシやドングリなど森で生活する動物や植物の絵を描いている子供たちの姿が印象的でした。

カスタネットづくり

1日の振り返り

印象に残った体験を発表

1日を振り返り、一番印象に残った体験を発表しました。
今回の体験で学んだことをより深めるための良い振り返りの時間となりました。

参加者の皆さまのお声(アンケートより)

参加者の皆さまのお声
バックナンバー 2018年5月 │ 2017年 │ 2016年 │ 2015年 │ 2014年 │ 2013年